ブンチャー (ベトナム風肉団子入りつけ麺)

【調理例】鶏肉のブラックペッパー炒め

ブンは断面が丸い米麺でベトナムではフォーよりもよく食べられます。
唐辛子をピリっと効かせた甘酸っぱいつけ汁に小さな肉団子と野菜を加えて食べるハノイの名物料理です。

材料(約3人分)

  • ブン(米麺) 200g
  • 【つけ汁】
  • ニュクマム 大さじ4
  • レモン汁 大さじ2
  • にんにく みじん切り・1片
  • 砂糖 大さじ3
  • 水 3カップ
  • 唐辛子 輪切り・1本
  • コショウ 適宜
  • にんじん・大根 適宜
  • 【肉団子】
  • 豚ひき肉 200g
  • 万能ねぎ 4本
  • ニュクマム 適宜
  • 食塩 適宜
  • コショウ 適宜
  • 【つけあわせ】
  • サニーレタス 適宜
  • シソの葉 適宜
  • パクチー 適宜

美味しいコツ

 肉団子は、焦げ目がつくまでしっかりと焼くのがポイントです。カリッとした食感が柔らかなブンと良くあいます。
 小さめのライスペーパーで作った揚げ春巻きを一緒に食べるとおいしさアップ!つけあわせの野菜との相性も抜群です。

作り方

  1. つけ汁の材料は、あらかじめ大きめな器に材料を入れて混ぜておきます。にんじんと大根は、薄いイチョウ切りにしてつけ汁に加えます。つけあわせの野菜は、洗って水気を切っておきます。
  2. ブンは沸騰したお湯で時々かき混ぜながら5分ほど茹でて、冷水で洗い水気を切ったあとにキッチンバサミなどで食べやすい長さに切ってお皿に盛ります。
  3. 肉団子の材料をボールに入れて、よく混ぜあわせます。粘りが出てきたら3cm程の大きさの小判型にして、焼き目がつくまでしっかりと焼きます。
  4. 焼きたてアツアツの肉団子とブン、つけあわせの野菜をつけ汁に加えてお召し上がり下さい。